累計483万部発行の大人気スクールマギクス『魔法科高校の劣等生』電撃文庫では初のオンライン小説が書籍化!〜アフィリエイト紹介サイト嶋津球太〜

『魔法科高校の劣等生』(まほうかこうこうのれっとうせい)とは…

『魔法科高校の劣等生』(まほうかこうこうのれっとうせい、The Irregular at Magic High School)とは…

■『ソードアート・オンライン』に次ぎ,オンライン小説が電撃文庫で書籍化。 電撃文庫では初となる,オンライン小説の書籍化での商業作家デビュー。

四葉家という秘密主義の家系の次期当主候補として将来を縛られた妹・深雪と、 そのガーディアンとして束縛されている兄・達也が、自分たちの自由を掴み取ろうとする物語。
兄妹の高校在学期間を舞台とし,学内・学外を問わない多数のキャラクターの物語が繰り広げる!

「初年度の部」は、全国魔法科高校親善魔法競技大会(通称「九校戦」)や全国高校生魔法学論文コンペティションなど、全国の魔法科高校の生徒が集う高校行事を軸にして、大亜連合やUSNA(北アメリカ大陸合衆国)といった他国の魔法師との戦いが展開する。




『魔法科高校の劣等生』(まほうかこうこうのれっとうせい)導入…

『魔法』
それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。

国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、 成績が優秀な『一科生』と、補欠の『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。

そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた!!

登場人物

司波 達也(しば たつや)- 中村悠一


物語の語り手。 千葉県に住む、平凡を美徳と考え平穏な日常を望む男子高校生だが、妹の桐乃が隠し続けてきた趣味のことを知ったことをきっかけに、 オタクの世界へと足を踏み入れ、妹のために奮闘するようになる。
桐乃のことは嫌いつつも良き兄であろうとする。


司波 深雪(しば みゆき)- 早見沙織


京介の妹。勝ち気な性格のギャル系女子中学生。 京介にとっては手のかかる不仲な妹だが、家の外では雑誌モデルに学業、スポーツ、文筆業にと各方面で非凡な才能を発揮している。
一方で萌えアニメや男性向け美少女ゲームに情熱を注ぐ隠れオタクでもあり、 秘密を共有することになった京介をオタク趣味へと巻き込んでいく。
ハンドルネーム「きりりん」



千葉 エリカ(ちば エリカ)- 内山夕実


桐乃、京介、沙織らのオタク仲間で、桐乃より1つ年上の少女。 自分をフィクションの登場人物と同一視するかのような痛々しい振る舞いから、桐乃からは「邪気眼厨二病」などと貶されている。
桐乃とは喧嘩しつつも友情で結ばれていく一方、作中2年目から京介と同じ高校に進学し、 京介との恋愛関係も深めていく。
本名「五更瑠璃(ごこう るり)」

柴田 美月(しばた みづき)- 佐藤聡美


和菓子屋「田村屋」の娘。京介とは幼馴染で、高校の同級生でもあり、長い間友達以上恋愛未満の間柄が続いている。
のんびりとした人柄の、オタク趣味とは縁遠い人物であり、京介にとっては桐乃と対極的な存在。桐乃からは一方的に敵視されている。

西城 レオンハルト(さいじょう レオンハルト)- 寺島拓篤


桐乃や黒猫が入会しているSNSコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の管理人の少女で、気配りのできるムードメーカー。
オフではいかにもオタクっぽい格好や振る舞いを装っているが、眼鏡を外すと見違えるような美人で、実はお嬢様。
本名「槇島沙織(まきしま さおり)」

    

吉田 幹比古(よしだ みきひこ)- 田丸篤志


第2巻から登場。桐乃とは同級の親友で、雑誌モデルの仕事仲間でもある女子中学生。 人当たりは良いが思い込みが激しく、オタク趣味に対しては病的な嫌悪感を持つが、 桐乃の秘密を知った後には対立を経て、歩み寄ろうという姿勢を見せる。ヴェ麻奈実とは親しく連絡を取り合う間柄。

光井 ほのか(みつい ほのか)- 雨宮天


第5巻から登場。京介の親友浩平の妹。高校進学後の黒猫とは同級生で、ゲーム研究会の部員仲間。
垢抜けた委員長といった容姿だが実は腐女子で、ボーイズラブやハードゲイの話になると我を忘れて熱弁を繰り広げる。

七草 真由美(さえぐさ まゆみ)- 花澤香菜


物語の語り手。 千葉県に住む、平凡を美徳と考え平穏な日常を望む男子高校生だが、妹の桐乃が隠し続けてきた趣味のことを知ったことをきっかけに、 オタクの世界へと足を踏み入れ、妹のために奮闘するようになる。
桐乃のことは嫌いつつも良き兄であろうとする。


十文字 克人(じゅうもんじ かつと)- 諏訪部順一


京介の妹。勝ち気な性格のギャル系女子中学生。 京介にとっては手のかかる不仲な妹だが、家の外では雑誌モデルに学業、スポーツ、文筆業にと各方面で非凡な才能を発揮している。
一方で萌えアニメや男性向け美少女ゲームに情熱を注ぐ隠れオタクでもあり、 秘密を共有することになった京介をオタク趣味へと巻き込んでいく。
ハンドルネーム「きりりん」



渡辺 摩利(わたなべ まり)- 井上麻里奈


桐乃、京介、沙織らのオタク仲間で、桐乃より1つ年上の少女。 自分をフィクションの登場人物と同一視するかのような痛々しい振る舞いから、桐乃からは「邪気眼厨二病」などと貶されている。
桐乃とは喧嘩しつつも友情で結ばれていく一方、作中2年目から京介と同じ高校に進学し、 京介との恋愛関係も深めていく。
本名「五更瑠璃(ごこう るり)」

市原 鈴音(いちはら すずね)- 中原麻衣


和菓子屋「田村屋」の娘。京介とは幼馴染で、高校の同級生でもあり、長い間友達以上恋愛未満の間柄が続いている。
のんびりとした人柄の、オタク趣味とは縁遠い人物であり、京介にとっては桐乃と対極的な存在。桐乃からは一方的に敵視されている。

中条 あずさ(なかじょう あずさ) - 小笠原早紀


桐乃や黒猫が入会しているSNSコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の管理人の少女で、気配りのできるムードメーカー。
オフではいかにもオタクっぽい格好や振る舞いを装っているが、眼鏡を外すと見違えるような美人で、実はお嬢様。
本名「槇島沙織(まきしま さおり)」

    

服部 刑部少丞 範蔵(はっとり ぎょうぶしょうじょう はんぞう)- 木村良平


第2巻から登場。桐乃とは同級の親友で、雑誌モデルの仕事仲間でもある女子中学生。 人当たりは良いが思い込みが激しく、オタク趣味に対しては病的な嫌悪感を持つが、 桐乃の秘密を知った後には対立を経て、歩み寄ろうという姿勢を見せる。ヴェ麻奈実とは親しく連絡を取り合う間柄。

壬生 紗耶香(みぶ さやか)- 戸松遥


第5巻から登場。京介の親友浩平の妹。高校進学後の黒猫とは同級生で、ゲーム研究会の部員仲間。
垢抜けた委員長といった容姿だが実は腐女子で、ボーイズラブやハードゲイの話になると我を忘れて熱弁を繰り広げる。